decent-work’s blog

働きがいのある人間らしい仕事の実現支援と啓蒙を行う会社です。中の人たちの徒然を書きたいように書いています。

蛍とシロツメクサと砂遊びと、「足るを知る」とは。

こんにちは! ハチです。 先日、娘と娘の友人たちと、蛍を見に行きました。 都心からそう離れていない、ひっそりとした住宅地近くの川沿い。 本当にホンモノの蛍がいて驚きました!! 私自身、子供の頃にケージに入った蛍は見たことがあったけれど、 自然の…

ランドセル争奪戦とエンジニア事情。そして6年後の使い道とは?

こんにちは! 並んで歩く娘が、私の白シャツの裾で口の周りを拭いていたことに衝撃を受けたハチです。 そんな5歳の娘も、来年の4月から小学1年生。 ついこの間までバブバブ言っていたのに… ついこの間までヨチヨチ歩いていたのに… ついこの間までイヤイヤ騒…

里帰り出産のメリットデメリット【産後編】

未だ2時間おきの授乳の合間にブログをしたためております、魚骨です、こんにちは。あと30分でまた次の授乳になってしまう…! 急いで参りましょう。私が感じた里帰り出産のメリデメ、後編は産後についてです。 産前編はこちら! decent-work.hatenablog.com …

おばあちゃんでもわかる、WEB制作チーム内の役割

こんにちは、iPhoneが発売された年にWEB業界に就職した魚骨です。 その当時はちょうどホリエモン逮捕の時かなんかで、親は私がヤクザな業界へ入ったと思っていたもんでした。 最近はやっとこWEB業界の認知も広まり、世間に理解もされてきたことと思います。 …

結婚するには重症の婚活男子が狙い目

こんにちは、人間観察のために、結婚前に一回は相席屋に行ってみればよかったと後悔している魚骨です。 以前、婚活女子について書いたのですが、 decent-work.hatenablog.com では婚活男子ってどうなの?という話がきたので、私の偏ったコミュニティの中での…

里帰り出産のメリットデメリット【産前編】

出産後、時間経つのが鬼のように早くて震えます、魚骨です。臨月の時、里帰り出産でダラダラと実家で楽をさせてもらいながら、この記事を書いてたことが最早遠い昔のことのようです。 これから出産を控えている妊婦のみなさんは、里帰り出産にするか否か、一…

無事出産しました〜地獄の出産レポート〜

お久しぶりになりました、魚骨です。 散々、妊婦妊婦いってきましたが、三月上旬に無事男の子をこの世にリリースしました。”妊婦”から出産を経て、”母”というよりも”おっぱいの人”にジョブチェンです。1日にしてこんなに状況が変わることとが他にあるでしょ…

全ての子どもたちと、かつて子どもだった大人たちに。

こんにちは! ハチです。 大人も子供も慣れ親しんだ海外の絵本といえば、「はらぺこあおむし」が有名ですね! その作者であるエリック・カール氏の展覧会、エリック・カール展に行ってきました。 撮影ポイントはほぼありませんが、 それも納得の「エリック・…

「タイキジドー」って何ですか? という時代を目指して。

こんにちは! 春真っ盛りですね。 同時に春は、「保育園に入れなかった…」という声に敏感になるハチです。 約1年前の話。 何気なくペーパードライバーの講習を調べていた時のことです。 そもそも、車の免許を取得して以来、一度もハンドルを握ったことがない…

クラクラ、ワクワク、ハラハラ、ザワザワな「水玉ワールド」へ。

こんにちは! 「明日は、あれやってこれやって…」 とイメージしながら就寝したものの、 今朝起きたら娘が39度超えの熱を出し、 スケジュール全書き換えを余儀なくされたハチです。 さて。 少し前ですが、 六本木にある新国立美術館の「草間彌生展」を、家族…

役員決めあるある、母たちの不毛な2時間ミーティング

こんにちは! 先日、 これが噂の「役員決めの沈黙」ってやつなのね というものを、初めて体験したハチです。 5歳の娘はこの春から年長になりました。 小学校に入る前の、最後の幼稚園生活です。 この日はクラスのミーティングがあるため、2歳の下の子を連れ…

マンホールに座り込み、訪問介護の車のドアをこじ開けようとした娘にビビった新生活。

入園、入学、入社の皆様、そして御父母の皆様、おめでとうございます。 私自身も春に浮かれている、ハチです。 新生活が始まると、本人は勿論、その家族もワクワクドキドキですよね。 これから約1か月は特に、頭も体もフル回転な日々なのではないでしょうか…

フィールドアスレチックの洗礼を受けてきました

こんにちは! 先ほど、麦茶を飲んだ娘(5歳)が 「お茶って、美味しいよね~。ふんわりして、広がるよねー…」 と噛み締めるように語ったので、思わず固まったハチです。 さて、ようやく暖かくなり桜の花も開いてきました。 もうそれだけで気持ちが晴れ晴れし…

「ママは、大きくなったら何になりたいの~?」という質問を受けました。

こんにちは! 2歳と5歳のママやっているハチです。 以前、娘の「なんでなんで」攻撃を記事にさせて頂きましたが… 「どうして緑色のアボカドを買ったの?」 子供の「なんで」から、自分の「当たり前」を疑ってみる。 - decent-work’s blog あれからも娘の「な…

毎年のように「声」を失う私が学んだ、育児と仕事のコツ

こんにちは! 先日のマラソンの疲れか、風邪を引いたハチです。 声がかすれ、それでも話し続けていたら全く声が出なくなってしまいました。 無理やり小声でも出そうと喉の奥に力を込めても「蚊の鳴くような音」しか出せず、同時に頭に響くような重~い鈍痛。…

ソファで寝たら、娘の貯金箱に100円入れるべし。

こんにちは! ハチです。 「帰宅後にソファで寝たら、娘の貯金箱に100円入れるべし。 」 これは、最近我が家にできたルールです。 仕事帰り・・・ 疲れますよね。 お風呂を出て、ご飯を食べ、その後必ずやソファで電池切れになる夫。 私「起きてー」 夫「ぐ…

ママのイベントを阻止しようとするかのような子供の発熱=「阻止熱(そしねつ)」

こんにちは!先日、去年に引き続き2回目のマラソンを走ったハチです。 とは言っても、ショートコースの駅伝なので、1人あたり2~3km。 しかし、私にはかなりキツイものでした… 更には駅伝が終わり、最寄りの駅まで徒歩20分ほどずーっと、2歳の下の子が爆睡し…

あの震災から6年たちました。

こんにちは! ハチです。 3.11。 東日本大震災から6年が経ちましたね。 あの日のことを、話したい人も、話したくない人も、様々かと思います。 大切な家族や身近な人を失った方、 例えようもない、辛くて恐ろしい経験をした方、 津波の被害が大きかった地域…

クレヨンに、「はだいろ(肌色)」は存在しない!

こんにちは! 授業中は教科書に絵を描くことが日課になっていたハチです。 「はだいろ(=肌色、はだ色)」。 私たちの世代ならば、誰でも知っている「色の名前」かと思います。 しかしながら、 (お子さんがいらっしゃるママは知っているかもしれませんが)…

ヘルシーに生きるより、ジャンクに死す

独身時代は「主食:お菓子とカフェイン」だったジャンクラブの魚骨です。こんにちは。 東京でサラリーマンをしてた頃、オフィスでの1日の始まりはミルクたっぷりのコーヒーを入れて、鳩サブレを食べながらメールチェックするところから始まっていました。 鳩…

「ゴミ出し」で「家事やってます感」を前面に押し出す夫たち。

女性 「家事って何やってるー?」 男性 「うーん、ゴミ出しとか~」 このくだり…!! 聞いたことありませんか? 言ったこと、ありますか?(←笑) 私は何度となく聞いたことがあるのですが、 この男性のセリフを耳にするたび、どうにも モヤッ としてしまう…

妊婦の至高の贅沢は胎動

そろそろ妊婦生活が終わります。臨月に入りました魚骨です。 臨月に入ると赤ちゃんが大きくなって胎動が鈍くなると聞いていたのですが、そんなことはどこへやら。 うちのエイリアンちゃんは毎日毎日激しく暴れております。 NST(ノンストレステストhttp://ww…

怒り心頭!? 「妊婦体験」が響かなかったパパ候補から学ぶこと。

こんにちは! ハチです。 先日のブログで、「妊婦体験」「育児体験」を行ったイベントについて、レポートさせていただきました。 レポートしたブログはコチラ 抱っこ紐でパニック。赤ちゃんを「上から入れる」って!? 誰でも「妊婦体験&育児体験」イベント…

30越えたら、もう恋なんぞしようと思うな

同世代から婚活相談を受ける、暇な妊婦の魚骨です。婚活女子からの相談をネタにする記事第二弾。 今日もちょっと辛口でお送りします。 30越えた婚活女子と話していると、彼女たちこそ何故か恋を崇め、恋に期待し、恋をしたがっている現象を発見しました。 ”…

妊婦に席を譲ってあげて損することはないよ

しばらく田舎にいたため、すっかりおのぼりさんの魚骨です。 久しぶりに東京に帰って来て、東京の冷たさに悲しくなる時があります。 マタニティマークを付けていて優先席付近に立っていても、ほとんど席を譲ってもらえません。 コートを着ちゃうと妊婦かわか…

「2人目考えたいけれど、実際のところってどうなの?」

こんにちは! 日々、2人の育児に奮闘中のハチです。 自分の人生をふと振り返った時に、一番大きなイベントは何でしょうか。 幼少期~学生時代までも遡り、山あり谷あり。 仕事や結婚における大イベントは要所要所ありましたが、 私にとって、やはりそれら全…

負けるな、婚活女子!!戦略的婚活思考法

最近、友人によく婚活相談をされます、魚骨です。 私はデキ婚だったので、的確なアドバイスができるわけでもなくて差し出がましいのですが、暇な妊婦は自分の恋話ネタがないもんで、それに大ノリ。 友人妊婦も後輩の合コン服をプロデュースしたりしておりま…

超お手軽な結婚パーティーのやり方

今年の1月にデカッ腹の妊婦ではありますが、結婚パーティーをしました、魚骨です。 私は大学時代に結婚式場でバイトをしており、毎週末何件もの結婚式を見ているうちに、結婚式への憧れというものがほぼなくなりまして。 夫もそんなに結婚式に興味なく、両…

妊婦パートナーへオススメの読みもの

里帰り出産につき、絶賛夫を放置中の魚骨です。 ドラマ・東京タラレバ娘でも妻が里帰り出産中なのに、「別居」といって小雪と不倫する丸山さん。。まさに同じく里帰り中なので夫に聞いてみたところ「愛媛に大島優子はいないから大丈夫」とのことでした。確か…

母になるにあたって心の底から母を尊敬する

里帰り出産のために実家に帰ってきている魚骨です。 前回ちらっと登場したまんまる母と完全に腹が同じになりました。 decent-work.hatenablog.com 今私が履いているスエットも母のスエット。 妊娠9ヶ月になった今、腹回りがぴったりです。 今までは部屋着と…